最新情報

『喪服の似合うエレクトラ』にご来場頂きまして、誠にありがとうございます。

4時間の大作でしたが、いかがでしたか。

これからも「挑戦する作品」を作り続けてまいります。

ご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

2018年10月29日

 

遊戯空間 篠本賢一

終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

 

シアターΧカイ提携公演

『喪服の似合うエレクトラ』

三部作通し上演  

 

作/ユージーン・オニール 翻訳/菅泰男

演出・美術/篠本賢一 ドラマトゥルク/平辰彦 演奏/水野俊介(5弦ウッドベース)

 

アメリカ演劇の父、ユージーン・オニールの代表作『喪服の似合うエレクトラ』は、3部、13幕からなる大作で、アイスキュロスの書いたギリシア悲劇『オルステイア』(三部作)を下敷きに、南北戦争時代のアメリカ、ニューイングランドのマノン将軍家の、血のつながる同族の愛憎と葛藤を描いている。これは、オニールによるギリシア悲劇の翻案であり、人類普遍のテーマを見事に現代に復活させたドラマといえよう。オニールの評価が再検討され、オニールの新たな魅力が再発見される一役を担えればと思う。

  

2018年1027日()11時/17時 28日(日)13時開演 

劇場 東京・両国 シアターXカイ 

料金 当日6000円 前売5000円 学生3000円(全席指定 三部通し券)

 

出演/をはり万造 横尾香代子(演劇集団円)松川真澄(松川事務所)佐々木梅治(劇団民藝)藤田三三三 荒川大三朗 草野峻平 立花芽衣 春延朋也 坂口寿一 鈴木寿和(劇団かるがも行進曲)神保麻奈 青木恵(劇団櫂人)

 

チケット取り扱い

◆カンフェティ  http://confetti-web.com/elektra

 フリーダイヤル 0120-240-540(平日10時~18時)

 ☎03-6228-1630(携帯・PHSからご利用の場合に)

◆M.B.Eプロジェクト

 ☎090-3474-7999(制作携帯)

 ✉info.mbepro@gmail.com

 

企画/M.B.E.プロジェクト 松川事務所  主催/一般社団法人遊戯空間

平成30年度(第73回)文化庁芸術祭参加公演

 

『喪服の似合うエレクトラ』公演プレイヴェント連続講座 終了致しました!

《オニール劇のプレ・レクチャー&ドラマチック・リーディング&ラウンドテーブル》

於:シアターΧカイロビー 19時―21時 料金:各回1500円
 
第1回講義 6月9日(土)
〇プレ・レクチャー「オニールと家族」講師:狩野良規(青山学院大学教授)
〇リーディング作品『綱』(The Rope)
出演:藤田三三三、鈴木寿和、神保麻奈、青木恵、立花芽衣、松川真澄、篠本賢一
〇ラウンドテーブルパネラー:狩野良規、平辰彦、篠本賢一、藤田三三三、松川真澄
第2回講座 7月23日(月)
〇プレ・レクチャー「オニールと海」講師:大森裕二(拓殖大学准教授)
〇リーディング作品『カーディフさして東へ』(Bound East for Cardiff
出演:柘植英樹、川邉史也、東條将孝、金井賢一、鈴木寿和、神保麻奈、青木恵、篠本賢一
〇ラウンドテーブルパネラー:大森裕二、平辰彦、松川真澄、篠本賢一
第3回講座 8月9日(木)
〇プレ・レクチャー「オニールと背後の力」講師:高山吉張(甲南女子大学名誉教授)
〇リーディング作品『霧』(Fog
出演:岡本高英、鈴木寿和、立花芽衣、青木恵、篠本賢一
〇ラウンドテーブル:高山吉張、須賀昭代、平辰彦、松川真澄、篠本賢一

 

 

『全段通し仮名手本忠臣蔵』(したまち演劇祭)

詩×劇2018『つぶやきと叫びー礫による礫ふたたびー』

 

2作品の舞台写真をUPしました。上演記録ページでご覧になれます。      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊戯空間ワークショップ

       

2018年秋のお知らせ

~コエとカラダとココロを点検しイキを豊かにするメソード~

 

講師:篠本賢一(遊戯空間主宰)

 

 

日程:11月10日(土)、11月24日(土)

18:30~21:00

     

会場:アトリエそら

(東上線中板橋駅南口5分 板橋区弥生町58-5 スペースsola 地下1階) 

 

内容:演技の基礎レッスン

 

身体エクササイズ体全部をまんべんなく動かす)

交流エクササイズ(他者を観察し、良好なコミュニケーションを築く)

声のエクササイズ(古典作品による発声と朗誦術)

    

ほか、参加者のレベルに応じたメニューを行います。

 

対象: 演技レッスンを通じてコトバとカラダを考えたい方ならどなたでも

 

参加費:2500円(1回)

定員:12名 (開催前日までにメールで予約すること)

※遅刻・早退不可、動きやすい服装で参加してください。

 

お問合せ・ご予約:070-5366-3614 kenshino@jcom.home.ne.jp           

 

御礼申し上げます

ご来場ありがとうございました!

 

劇団櫂人第四回公演「女の平和」

 

作:アリストパーネス 翻訳:佐藤雅彦 演出・美術:篠本賢一

 

 男ども、私たちをばかにするんじゃないよ!

2400年前の古代ギリシア・アテーナイ
戦争好きの男たちに抗議して女たちの闘いが始まった!
ギリシア喜劇の傑作に劇団櫂人が果敢に挑む!乞うご期待!!
 

出演:青木恵、東條将孝、向後正枝、鈴木里花、田中淳子、小池恵子、宮下文子、服部次郎、佐藤陽子、金井賢一、鈴木智美、高田邦子   (客演)柘植英樹、永野和宏(劇団新人会)、鈴木寿和(劇団かるがも行進曲)、丸谷朱澄、緒方美浮、森美穂子、住吉ひろ

 

<期日>2018年5月30日(水)~6月3日(日)
<劇場>上野ストアハウス

 

劇団ホームページにて舞台写真がご覧になれます

https://www.gekidankaito.com

〈6/15〉 

詩×劇2018『つぶやきと叫びー礫による礫ふたたびー』が毎日新聞(4/4夕刊)に掲載されました

4/17)

ご来場ありがとうございました。

 

遊戯空間公演

 

和合亮一『詩の礫(つぶて)』による最新作!!

 

『詩×劇2018 つぶやきと叫び~礫による礫ふたたび~』

 

テキスト:和合亮一

構成・演出・美術:篠本賢一

 

出演:佐々木梅治(劇団民藝)、藤田三三三、永野和宏(劇団新人会)、草野峻平、川邉史也(劇団銅鑼)、佐藤辰哉、山田栄子、神保麻奈、山縣よう子、川原洋子(劇団桟敷童子)、渕野陽子(劇団青年座)、篠田悦子、福永奈津美 /石川弘美(特別出演)/和合亮一(声の出演)

 

演奏:藤田佐知子(ピアノ)、丸山剛弘(チェロ)

 

2018年3月21日(水・祝)~24日(土) 

 

@新宿文化センター小ホール(新宿区新宿6-14-1)

 

21日(水・祝)17:00、22日(木)19:00、23日(金)14:00/19:00、24日(土)14:00

※23日19時・和合亮一アフタートークあり

 

ご感想は

info@yugikuakn.com

 

 

チラシはこちら

 

★特報

「詩の礫(つぶて)」(徳間書店)のフランス語版が、現地の総合文化誌「NUNC」主催の文学賞「ニュンク・レビュー・ポエトリー賞」(翻訳詩集部門)の第1回受賞作に選ばれました。

 

★現代詩文庫『和合亮一詩集』『続・和合亮一詩集』順次刊行!

(各1,300円[税抜])

疾走する90年代から『詩の礫』三部作など、和合亮一の世界を2冊に凝縮。

 思潮社          

 

 〈2/6〉

 

ご来場ありがとうございました! 

 

 第8回したまち演劇祭in台東参加

 

『全段通し仮名手本忠臣蔵』

 

 2018年1月18日(木)~22日(月) 

 

 於:浅草・木馬亭(地下鉄銀座線・都営浅草線「浅草駅」8分、つくばエクスプレス「浅草駅」3分

 

 

作:竹田出雲・三好松洛、並木千柳                 

構成・演出:篠本賢一

音楽:若月宣宏(太鼓)、設楽瞬山(笛)

 

出演:佐々木梅治(劇団民藝)、側見民雄(演劇集団「阿吽」)、里村孝雄、をはり万造、堀光太郎、渡辺聡(劇団俳優座)、永野和宏(劇団新人会)、篠本賢一、望野哲也草野峻平、川邊史也(劇団銅鑼)、観世葉子、金子あい、渕野陽子(劇団青年座)、神保麻奈、山崎沙織

 

【Wキャスト】

天……里村孝雄(高師直)、金子あい(顔世御前)、渕野陽子(おかる)

河……側見民雄(高師直)、渕野陽子(顔世御前)、金子あい(おかる)

 

18日(木)18時 天・19日(金)13時 河・19日(金)18時 天

20日(土)14時 河・21日(日)14時 天・22日(月)14時 河

 

                                             

 詳しくは、したまち演劇祭公式サイト
http://www.shitamachiengekisai.com/2018/program/

                                      <1/24>

 

 

●外部演出作品

 ご来場ありがとうございました。

 

 

◆戦争体験手記と映像の構成朗読劇◆

 

朗読劇『継志』その五

〜沖縄の地上より2〜

 

 

2017年10月17日(火)14:00〜/18:30〜

板橋区立グリーンホール・2階ホール

 

構成・演出:篠本賢一 

企画・制作:長谷川由里 

 

 

キャスト:谷田川さほ・寺内よりえ・高桑和・菅原修子・酒井康行・池上礼朗・川邊史也・大竹直哉・宮崎愛実・宮田将英・長谷川由里

  

 

主催::継志プロジェクト共催:(公財)板橋区文化・国際交流財団

  

 

第59回 毎日芸術賞 !! 

■千田是也賞 

野村萬斎『子午線の祀り』の演出

 

第25回 読売演劇大賞受賞!!

■最優秀作品賞『子午線の祀り』

■優秀女優賞 若村麻由美

対象作品:『子午線の祀り』『ザ・空気』

 

篠本賢一出演『子午線の祀り』

好評のうちに閉幕しました。

ご来場の皆様ありがとうございました。

 

【作】木下順二

【演出】野村萬斎

【音楽】武満徹

 

【美術】松井るみ【照明】服部基【音響】尾崎弘征  【衣裳】半田悦子【ヘアメイクプラン】川口博史  【演出助手】桐山知也【舞台監督】田中直明

 

【出演】

野村萬斎、成河、河原崎國太郎、今井朋彦、村田雄浩、若村麻由美 

佐々木梅治 観世葉子 小嶋尚樹 星智也

月崎晴夫 金子あい 円地晶子 篠本賢一

内田潤一郎 時田光洋 松浦海之介 嵐市太郎

 

岩崎正寛 浦野真介 駒井健介 西原康彰 神保良介

武田桂 遠山悠介 三原玄也 森永友基

宇田川はるか 香織 田村彩絵 吉川依吹

 

@世田谷パブリックシアター 

2017年7月5日(水)~23日(日)(7月1日~3日プレビュー公演)

 

ご紹介

◆遊戯空間の「曾根崎心中」が紹介されました!

 

「現代に生きる近松
       ―戦後60年の軌跡―」
深澤昌夫著

雄山閣刊 定価6930円

戦後演劇史を近松上演をめぐって考察する力作です。

◆篠本賢一が「鏡花劇」について寄稿しました!

 

「アナホリッシュ國文学 第6号春」

特集:泉鏡花は誰だ 妖怪変化が跋扈する

 

「現代能」篠本賢一

 

響文社刊 定価〔本体1600円+税〕

求む!

◆求む!助っ人

 

遊戯空間の公演を手伝ってくださいませんか。

 

「制作補助」(宣伝、公演当日スタッフ ほか)

「演出助手」(俳優または演出の経験を有する方)

 

など、公演に関わるお仕事にあなたのエネルギーを少しだけ分けて下さい。
詳しくはメールにてお問合せを。

 

info@yugikukan.com  件名:「助っ人募集」