最新情報

篠本賢一・参加行事

 

観世榮夫十三回忌~パフォーマンスと映像で観世榮夫を回顧する~ 

 

2019623日(日)14時~16時(30分前開場)

銕仙会能楽研修所 東京都港区南青山4-21-29 

  東京メトロ「表参道」駅下車(銀座線・千代田線・半蔵門線)

A4A5出口より坂道下り信号角

 

参加費 3500円(付 書籍)

 

出演/新井純 和泉舞 江幡洋子 大村未童 観世葉子 日下範子 坂本容志枝 篠本賢一 仁木恭子 前田真里衣 をはり万造(五十音順) 柴田稔(特別出演)

  

演奏/大和田葉子(フルート)設楽瞬山(尺八)丸山剛弘(チェロ)

 

協力/岡橋和彦、岡本章、笠井賢一、首藤美恵、宮内勝、アトリエそら、()せたがや文化財団、流山児★事務所、銕仙会

書籍編纂/石原重治、笠原拓郎、望月通治 藤久ミネ

 

主催/ヒデオゼミ

 

◆参加のお申込み 

【メールかファックスにて承ります。参加費は当日受付にてお納め下さい】

 

件名を「ひでお13」、本文に「お名前」「ご連絡先電話番号」「扱い者(任意)」をご記入の上、

ご送信下さい。メール受信後、確認のメールをお送りします。

 □メールアドレス k_hideo_13@yahoo.co.jp 

 FAX番号 048-211-3696 

 □お問合せ 070-5366-3614(シノモト)

  

観世榮夫(かんぜひでお、1927- 2007年)観世雅雪(七世銕之丞)の二男。兄の寿夫、弟の静夫(八世銕之亟)と“観世3兄弟”として知られる。3歳で初舞台を踏み、6歳で初シテ。観世流シテ方でありながら、故喜多実に私淑して1949年、喜多流・後藤得三の芸養子となり、後藤栄夫を名乗る。1953年、兄らと華の会を結成。1958年には能楽協会を離脱。1960年、福田善之らと劇団青年芸術劇場を旗揚げし、新劇、オペラの演出も手がけ、舞台、映画で俳優としても活動する。1970年、兄を中心とした冥の会にも参加。1979年、兄の死の直後、能界に復帰した。能役者ながら小劇場の演劇にまで出演する希有な俳優として活躍し、伝統演劇と現代演劇の橋渡し役を担った。

 

外部演出・出演情報

 

ご来場ありがとうございました!

 

劇団櫂人第五回公演『かさぶた式部考』

作:秋元松代 演出・美術:篠本賢一

2019年5月29日(水)~6月2日(日) 於 上野ストアハウス

 

劇団櫂人 http://wwww.gekidankaito.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊戯空間ワークショップ

       

2019年のお知らせ

~コエとカラダとココロを点検しイキを豊かにするメソード~

 

講師:篠本賢一(遊戯空間主宰)

 

まもなく再開いたします!

 

内容:演技の基礎レッスン

 

身体エクササイズ(体全部をまんべんなく動かす)

交流エクササイズ(他者を観察し、良好なコミュニケーションを築く)

声のエクササイズ(古典作品による発声と朗誦術)

    

ほか、参加者のレベルに応じたメニューを行います。

 

対象: 演技レッスンを通じてコトバとカラダを考えたい方ならどなたでも

 

参加費:2500円(1回)

定員:12名 (開催前日までにメールで予約すること)

※遅刻・早退不可、動きやすい服装で参加してください。

 

お問合せ・ご予約:070-5366-3614 kenshino@jcom.home.ne.jp           

 

御礼申し上げます

M・B・Eプロジェクト⊕シアターX提携

『喪服の似合うエレクトラ』三部作通し上演

 

2018年10月27日・28日 東京・両国シアターX

平成30年文化庁芸術祭参加