最新情報

篠本賢一演出作品・公演延期のお知らせ

 

 

 

2020年、新型コロナウイルス感染症拡大は、未曽有の事態となって、世界中の人々の暮らしを崩壊させています。

 

演劇は、作り手の創作意欲だけでは成立せず、会場や観客を必要としたライブによる表現芸術です。

 

今まさに爆発的に流行をしている感染症は、密室における人々の密集した環境がリスクを高めることが判明してきました。

 

残念ながら、上演の強行は、観客の皆様にご迷惑をお掛けしてしまうかもしれません。

 

また、上演に向けた稽古場への往復は、出演者ら関係者にも大きなリスクを与えてしまいます。

 

このような状況下では、心から感動できる演劇を生み出すことは困難です。

 

秋元松代という大きな、そして魅力あふれる劇作家と出会い、昨年の『かさぶた式部考』を上回るよう、着々と準備を進めてまいりましたが、以上のような理由により、劇団で協議の結果、

 

 

 

『七人みさき』公演を延期する運びとなりました。

 

 

 

延期後の上演時期は今のところ未定です。

 

芸術は、世界の平和、そして、人々の暮らしと健康が確保されていなければ成立しないということを痛感致します。

 

劇団員は、さらなる飛躍を求めて、水面下でスキルアップに努め、また皆様とお会いする時は、より一層、感動的な舞台が作れるよう、精進してまいります。

 

今後とも、劇団櫂人及び関係者に変わらぬご支援を頂ければ幸甚です。

 

 

 

2020年4月2日 劇団櫂人芸術監督 篠本賢一

 

お知らせ

いつも遊戯空間をご支援頂き、誠にありがとうございます。

来る2月23日(日)に予定しておりました、
妖話会ーアヤシノワカイーStage-2は、
新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえ、
大変残念ではありますが、
中止することに致しました。

遊戯空間ではこれまで、先の大震災直後、または昨年の台風などでも、
「演劇は人の心を元気にする」との信条から、
上演を実行してきましたが、
今回はまだ感染の拡大が懸念される状況にあり、
開催の強行が皆様の健康状態に影響する可能性もあることから、
やむなく開催中止の決断を致しました。

皆様には、ご理解を賜れれば幸いです。

 

2020年2月18日

一般社団法人遊戯空間 篠本賢一 

ーお知らせー

 

妖話会 アヤシノワカイ stage-2

 

~お寺で聴くのは、ちょっとだけ、ふさわしくない話 其の二~

 

演目:江戸川乱歩『指』『木馬は廻る』『お勢登場』

 

語り手:篠本賢一 加藤翠

 

2020年2月23日(日)14:00/17:00

 

スタジオ阿弥陀B1

 

料金:2000円

 

ご予約・お問合せ:090-8432-8033

         info@yugikukan.com

 

 

『全段通し仮名手本忠臣蔵』ならびに

『ワークショップ「仮名手本忠臣蔵」試し読み』に

多数ご来場くださり、誠にありがとうございました。

第2回江戸まち たいとう芸楽祭参加 遊戯空間公演

 

「全段通し仮名手本忠臣蔵」

~大序から討入まで一気に語り尽くす渾身の舞台~

 

作:並木宗輔、竹田出雲、三好松洛 

構成・演出:篠本賢一 

音楽演奏:若月宣宏(太鼓)、設楽瞬山(尺八)  

 

出演:佐々木梅治(劇団民藝)、をはり万造、内山森彦、仲義代、渡辺聡(劇団俳優座)、川野誠一(劇団大樹)、永尾斎、草野峻平、大野裕生(劇団民藝)、川邉史也、観世葉子、神保麻奈、渕野陽子(劇団青年座)、古田美奈子(劇団東演)、新藤みなみ(中野成樹+フランケンズ)、青木恵(劇団櫂人)、緒方美浮 篠本賢一(遊戯空間)

 

2020年1月29日(水)、31日(金)~2日(日)※30日休演

 

於:浅草見番 東京都台東区浅草3-33-5  

   東京メトロ・都営浅草線・つくばエクスプレス「浅草駅」10分

 

料金(日時指定自由席):一般4,000円 学生2,500円 

   12月2日前売開始 ※未就学児のご入場はご遠慮いたします

 

 

◎ワークショップ『仮名手本忠臣蔵 試し読み』 

 1月30日(木) 13時~17時 於:浅草見番 定員30名

 参加費2000円(仮名手本忠臣蔵ご観劇の方は1000円)

 内容:出演者が配役を替えて語る、一段を一人で語る、参加者が体験してみるなど、

 本上演とは違った角度で『仮名手本忠臣蔵』の魅力を掘り下げます。

 

                                                写真 宮内勝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊戯空間ワークショップ 参加者募集!

 

講師:篠本賢一(遊戯空間主宰)

 

【統合演技術の概要】~伝統演劇と現代演劇、西洋と東洋をつなぐ実践的演技法~

 

このワークショップでは、以下のことをテーマにしてトレーニングします。

 

俳優の3つの力「存在力」「描写力」「交流力」の探求

〇「なりきり(感情移入)型演技」と「ものまね(類型描写)型演技」の使い分け

〇「情報伝達言語」と「表現言語」の理解

〇自分の内側に向かう集中と外側に向かう集中の習得

〇演技の5つのサイズ「カフェ」「小劇場」「中劇場」「ホール」「野外」の習得

〇言語における「論理性」「音楽性」の理解

〇「リアクション」と「Q」を意識した対話の習得

〇「スリアシ」「ツメヒラキ」「ミエ」「ナンバ」を使ったエクササイズの実践

〇「七五調」と「自由律」の呼吸法と発声法

〇呼吸であやつる「感情の五段階」

ほか

 

日程

◆声のクラス…毎週水曜日・11:00~12:30

◆演技のクラス…2020年上半期は日程が変則なのでご注意ください。

  3月~6月……毎週日曜日 18:30~21:30 

 

会場 アトリエそら 板橋区弥生町58-5 スペースsola B1 東武東上線中板橋駅南口5分

 

対象 多少の経験を必要としますが、意欲があれば初心者でも受講可能です。

 

このワークショップについて

参加者の人数・レベルに応じて進行します。

一回の参加で成果を求め過ぎずに、ある期間、継続的な参加をお勧めします。

 

定員:10名程度 (開催前日までに必ずメールで予約すること、定員オーバーの場合は先着順)

※遅刻・早退不可、動きやすい服装で参加してください。

 

参加費:2000円/回

 

参加申込み方法:メールにて、件名「WS参加」、本文「参加日時」を書いて送信してください。

 

お問合せ・ご予約:070-5366-3614 kenshino1004@softbank.ne.jp           

 

御礼申し上げます

『桜の森の満開の下』公演、12日(土)18:30の回は、台風19号の影響により中止になりましたが、13日(日)14:00の回は、予定通り上演致しました。ご来場の皆様、誠にありがとうございました。

第十二回 有鄰館演劇祭参加 蔵芝居2019

千賀ゆう子企画×遊戯空間公演

 

「桜の森の満開の下」

 

原作/坂口安吾 構成・演出/篠本賢一 出演/加藤翠、木舘愛乃、吉田莉芭、神保麻奈、今野智子、篠田悦子、緒方美浮、廣岡悠那、木下裕子

楽士/竹田賢一(エレクトリック大正琴)

2019年10月12日(土)18:30 ※中止

13日(日)14:00

@桐生市有鄰館(酒蔵)

盛会でした。ありがとうございました。

 

観世榮夫十三回忌~パフォーマンスと映像で観世榮夫を回顧する~ 

 

2019623日(日)14時~16時(30分前開場)

銕仙会能楽研修所 東京都港区南青山4-21-29 

  東京メトロ「表参道」駅下車(銀座線・千代田線・半蔵門線)

A4A5出口より坂道下り信号角

 

参加費 3500円(付 書籍)

 

出演/新井純 和泉舞 江幡洋子 大村未童 観世葉子 日下範子 坂本容志枝 篠本賢一 仁木恭子 前田真里衣 をはり万造(五十音順) 柴田稔(特別出演)

  

演奏/大和田葉子(フルート)設楽瞬山(尺八)丸山剛弘(チェロ)

 

協力/岡橋和彦、岡本章、笠井賢一、首藤美恵、宮内勝、アトリエそら、()せたがや文化財団、流山児★事務所、銕仙会

書籍編纂/石原重治、笠原拓郎、望月通治 藤久ミネ

 

主催/ヒデオゼミ

 

観世榮夫(かんぜひでお、1927- 2007年)観世雅雪(七世銕之丞)の二男。兄の寿夫、弟の静夫(八世銕之亟)と“観世3兄弟”として知られる。3歳で初舞台を踏み、6歳で初シテ。観世流シテ方でありながら、故喜多実に私淑して1949年、喜多流・後藤得三の芸養子となり、後藤栄夫を名乗る。1953年、兄らと華の会を結成。1958年には能楽協会を離脱。1960年、福田善之らと劇団青年芸術劇場を旗揚げし、新劇、オペラの演出も手がけ、舞台、映画で俳優としても活動する。1970年、兄を中心とした冥の会にも参加。1979年、兄の死の直後、能界に復帰した。能役者ながら小劇場の演劇にまで出演する希有な俳優として活躍し、伝統演劇と現代演劇の橋渡し役を担った。

 

外部演出・出演情報

 

ご来場ありがとうございました!

 

劇団櫂人第五回公演『かさぶた式部考』

作:秋元松代 演出・美術:篠本賢一

2019年5月29日(水)~6月2日(日) 於 上野ストアハウス

 

劇団櫂人 http://wwww.gekidankaito.com/

M・B・Eプロジェクト⊕シアターX提携

『喪服の似合うエレクトラ』三部作通し上演

 

2018年10月27日・28日 東京・両国シアターX

平成30年文化庁芸術祭参加