オルフェオB’

遊戯空間vol.1

 

1988年12月16日~18日

アートシアター新宿

 

構成・演出:篠本賢一

照明:倉本泰史(ライティング・ライン)

音楽:石崎美奈子

音響:則岡正昭

舞台監督:橋本修一

制作:遊戯空間

 

出演: 齋藤緑/山本薫/佐々木直美/鈴木勝/武中秀仁

 


旗揚げ公演。ギリシア神話「オルフェウスとエウリディケ」を現代社会によみがえらせた新作。エウリディケは劇中、様々なシーンに登場する。教育熱心な家庭の子供として、学校のクラスメートとして、ギリシア劇の登場人物として。しかし、からだはひとつしかない。それぞれのシチュエーションが同時に展開されるとき、若い女の体は残酷にもひきさかれてしまう。自分探しをする若い女と、鏡に映る幻を探す人々が、ドラマの森で交錯する。

劇のファーストシーンは出演者が自分と等身大の人形と向き合い、言葉の断片をつぶやきながら始まっていく。鏡に囲まれた装置(予算の都合でアルミホイル)の迷宮で行われる幻想的なドラマ。台本は稽古場で即興を重ねながら集団で作った。